東大西洋・地中海クロマグロ資源保護に全力 EU漁業相会議で決定

10月26日、ルクセンブルグで開催されたEU(欧州連合)漁業相会議は、資源回復が急務と
されている東大西洋・地中海のクロマグロについて協議。11月17日から24日まで、予定され

ているICCAT(大西洋まぐろ類保存委員会)年次会合で、EUとして、厳格な管理措置の導入
を支持することを決定した。減船、漁期短縮等の措置の他、全面禁漁も検討対象とされた模様。

                                                      以上

                                     


OPRT通信 (平成20年10月30日)

 

[戻る]