東部太平洋マグロ資源管理 合意に至らず

6月19日から27日、パナマで開催されたIATTC(全米熱帯まぐろ類委員会)年次会合で、本年度以降の
メバチ・キハダの保存管理措置を協議。合意に至らず本年10月の特別会合で再協議。本年3月の特別

会合でも決まらず、年次会合で合意成立が期待されていた。このままでは、IATTCの資源管理能力が
問われる事態となろう。


                                                         以上

                                     


OPRT通信 (平成20年 7月 1日)

 

[戻る]