遠洋マグロ延縄4カ国業界 協調休漁へ

日本、韓国、台湾、中国の遠洋マグロ延縄漁業業界が、6月27日、東京で会合。漁獲不振、異常な
燃油高騰で操業継続困難のため、休漁実施等合意(合意書 下記参照)。既に、台湾は204隻、

韓国は複数隻所有船主の10−20%、中国は40隻が休漁中。日本は近く確定。休漁による資源の
回復期待。

 

                                                         以上                                      


OPRT通信 (平成20年 7月 1日)

[戻る]