小型(未成熟)マグロ混獲削減・輸入マグロ調査の強化を要請

4月9日、自民党・水産基本政策小委で、平成21年度水産施策に関し、石川・日本鰹鮪漁協組合長は、
「マグロ資源の回復のため、小型(未成熟)マグロの混獲削減技術を日本が開発し、世界のまき網漁船

に普及を働きかけること」、及び「資源管理措置を守らずに漁獲されるマグロの輸入を防止するため、マ
グロ法に基づく輸入マグロの調査を強化すること」を要請。 

                                                         以上

                                     


OPRT通信 (平成20年 4月11日)

 

[戻る]