フィッシュ・ロック・バンド「漁港」マグロ解体ショーで盛り上がり

3月8日、横須賀市で行われた「ろうきんカップ争奪綱引き大会」(中央労働金庫横須賀支店主催)で、
「漁港」がメバチ(約50キロ)を、森田釣竿船長のトークを交えながら解体。その場で、振舞われた刺身

に約300名の労働組合の家族が、舌鼓。OPRTも、「マグロ資源を次世代に残そう」とパンフレット配布
した。(「写真で見るOPRTの活動」をご覧ください。)



                                                          以上

OPRT通信 (平成20年 3月18日)