マグロDNA検査実施 −マグロ・ロンダリング防止

OPRTは、2月15日、22日、水産庁、遠洋水産研究所、冷蔵庫会社の協力を得て、輸入冷凍マグロ
(加工製品)のDNA検査用標本採取を実施。近年、加工品のマグロ輸入増加。IUU漁獲物混入を抑止

するため、検査対象を広げる必要が生じている。(「写真で見るOPRTの活動」ウェブに掲載)



                                                          以上

OPRT通信 (平成20年 2月 28日)