水産物価格値上げ 業界挙げて取り組むべき課題
      中須 大日本水産会会長 年頭記者会見

中須勇雄 大日本水産会会長は、1月8日、「日本の水産業も燃油高の影響で、今の魚価ではやって
いけない。また、中小漁業、漁船漁業にとって、年初早々、原油価格が1バレル100ドルを超えたのは、

大変なショクで、先行きの希望を失うような出来事。消費者の現状理解を得る必要があるが、コストを吸
収できる魚価に改定すべく、水産業界を挙げてしっかり取り組まなければならない。」「政府も原油価格

の暴騰を放置せず、国際世論づくり等に取り組むべきだ」と語った。




                                                          以上

OPRT通信 (平成20年 1月 10日)