音響カメラで蓄養殖マグロの数を正確に把握へ
            水産庁が実証試験

イケスで泳ぐマグロの数やサイズを超音波で正確に計測する装置「音響カメラ」の実証試験が、
今月、高知県柏島にある大洋エーアンドエフのマグロ養殖場で行われた。この装置は透明度の

低い濁った水域や夜間でも正確にマグロの数を計測できる。地中海の蓄養マグロのイケスへ
の活け込み数など正確に測れることとなれば、資源管理措置の遵守状況が明白になる。

早期実用化が望まれる。




                                                    以上

OPRT通信 (平成19年 12月 19日)