中西部太平洋 マグロ資源管理会議 12月3日から

全WCPFC(中西部太平洋まぐろ類委員会)は12月3日から7日まで、グアムで年次会合を
開催。メバチ・キハダ資源の管理、まき網漁業の小型メバチ・キハダの混獲削減等を協議する。

中西部太平洋は、日本のカツオ・マグロ漁船の主漁場で、資源管理の動向は、日本への供給
にも影響。会議の結果が注目される。



                                                         以上

OPRT通信 (平成19年11月29日)

 

[戻る]