マグロ寿司に挑戦 舌で感じた日本の食文化

海外漁業協力財団で資源管理の研修を受けている海外研修生5名(ギニア、コートジボアール、
インドネシア、タイ、マレーシア)が、OPRTの協力で、10月31日、東京・赤坂のギンザ・マグロやで

マグロ寿司や刺身を食し、日本のマグロ食文化を実感。「生の刺身マグロは初めて。でも、おいしくて
また食べてみたい」「日本人のマグロ好きが良く解った」「今度は自国の日本食レストランでもマグロ

寿司や刺身を食べてみたい」と、今回でマグロがすっかりお気に入りになったようだ。
(水産経済新聞 11月2日)

                                                      以上


OPRT通信 (平成19年11月 6日)

 

[戻る]