東部太平洋 メバチ・キハダ管理措置合意不成立

全米熱帯まぐろ類委員会(IATTC)特別会合が10月22日から24日まで、ラホヤ(米国)で開催。
2008年以降の東部太平洋におけるメバチ・キハダの保存管理措置につき議論。合意に至らず、

明年早期に再協議となった。今年は、まき網漁船の休漁(42日間)・主な延縄漁業国のメバチ
漁獲量制限(日本34,076トン、韓国12,576トン、台湾7,953トン、中国2,639トン)が実施

されている。

                                                      以上


OPRT通信 (平成19年10月 29日)

 

[戻る]