OPRTセミナー 「食の安全・安心と風評被害を考える」
                 中国産マグロを事例として

中国産冷凍サシミ用マグロが、中国製品の安全性問題の影響を受けて、スーパー等の店頭から
消え、中国業界が困っている。OPRTは、11月7日(水)16:00−18:30 大日本水産会会議

室でセミナーを開催する。中国漁業協会による「中国産マグロの生産状況」を聞き、パネル討論。
東京海洋大学 婁小波教授の総括講演。終了後、参加者に中国産刺身マグロを抽選で提供する

イヴェントも。一般の方の参加も受付(賛助会員加入を条件。年会費千円)。先着60名で締め切り。
申し込み先 電話:03−3568−6388 ファックス03−3568−6389

                                                      以上


OPRT通信 (平成19年10月26日)

 

[戻る]