ミナミマグロ保存委員会 16日からキャンベラで

ミナミマグロ保存委員会(CCSBT)年次会合が10月16日から19日まで、豪州(キャンベラ)で開催。
日本、豪州、ニュージーランド、韓国等が参加。漁業の現状レヴュー、監視取締り装置等、検討する。

ミナミマグロ資源は低水準にあり、総漁獲枠11,530トンに抑制されている。

                                                      以上


OPRT通信 (平成19年10月15日)

 

[戻る]