日本のカツオ・マグロ漁船 キリバス入漁維持

南太平洋のキリバス200海里内への来漁期(本年10月から1年間)入漁条件について、現行入漁料
水準(水揚金額の5%)維持で合意。昨年、巻網船11隻、延縄船1隻が入漁。近年の漁獲量は約

7,000トン。ラニーニャの影響で漁場形成悪く入漁船が少なかった。


                                                      以上


OPRT通信 (平成19年9月13日)

 

[戻る]