中国産マグロが風評被害

中国産品の安全性をめぐって問題の発生が相次ぎ、中国産品を敬遠する動きが今も続いている。
それが中国産のマグロにも及び、スーパーから消えている。

中国業界は「漁獲している場所は、日本や台湾などと同じで、漁場で天然まぐろを急速凍結したもの。
安全性に問題は無い」と述べ、風評被害の解消を求めている。中国マグロに適正な評価を求めたい。


                                                      以上


OPRT通信 (平成19年9月7日)

 

[戻る]