刺身マグロ7月ー9月 供給減でも価格やや弱含み(水産庁)

水産庁は、マグロ需給協議会・同予測部会(8月23日開催)の検討結果を発表。
7−9月の供給量は前年より減少の見通し。価格はやや弱含み見通し。

冷凍脂物は数量減で価格上昇だが、冷凍赤身は国内在庫増のため価格は上がらないと予測。

 


                                                        以上
OPRT通信 (平成19年9月4日)

 

[戻る]