リビア 異議申し立て撤回 (大西洋クロマグロ)

東大西洋・地中海クロマグロの漁獲枠削減(ICCAT勧告)に異議を申し立てていたリビアが、申し立
てを取り下げた。水産庁は、輸入業者に要請していたリビヤ産クロマグロの輸入自粛を撤回。但し、

リビヤの統計証明書等については、これまで問題があり、引き続き、慎重に審査する。 ICCATは、
今年から2010年まで、東大西洋のクロマグロ漁獲枠を概ね23%削減する措置を決定している。

                                                        以上

OPRT通信 (平成19年 7月31日)

 

[戻る]