地中海蓄養クロマグロ 透明性確保へ追加情報提出義務づけ

水産庁は、7月27日、輸入業者への説明会で、大西洋クロマグロの輸入に必要な確認書に、
8月から追加情報の添付を求めると説明。

追加情報は、蓄養情のイケスごとに作成、クロマグロの活けこみ時期、尾数、体重等が含まれる。
地中海蓄養クロマグロは漁獲枠を超過して生産。管理体制の不備が問題になっている。

                                                        以上

OPRT通信 (平成19年 7月31日)

 

[戻る]