ワシントン条約会議(CITES)  サメ付属書掲載案否決

6月3日から15日まで、オランダのハーグで、約140カ国が参加して行われた第14回CITESが
終了。ドイツ提案のニシネズミザメ、アブラツノザメの付属書掲載は否決された。漁業の専門的知見
を有するFAOがいずれも付属書掲載基準に合致しないとの意見を表明した結果。


CITES事務局提案の漁業専門官、漁業作業部会の新設は、日本などの反対で否決。日本は、
漁業関連種の管理はFAOや地域漁業管理機関で行うべきと主張した。


                                                        以上

OPRT通信 (平成19年 6月20日)

 

[戻る]