IUU漁業対策取り組み強化
    =第27回FAO(国連食料農業機構)水産委員会=

 

3月5日(月)から9日(金)、ローマーのFAO本部で約130カ国が出席。日本は1月に開催した
まぐろ類地域漁業管理機関合同会議の結果について報告。会議で採択された「行動方針」の実践の

重要性が確認された。IUU対策は今後も重点対策。FAO国際行動計画(漁獲能力管理、IUU、サメ、
海鳥)実施促進の必要性も確認された。


                                                       以上
OPRT通信 (平成19年 3月 14日)

 

[戻る]