ビンナガ漁獲規制継続へ
=中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC)第2回北委員会=


9月11日から13日まで東京で、日本、韓国、フィリピン、カナダ、米国、台湾のメンバー国
(中国欠席)及びバヌアツ、パラオ、クック諸島、ロシア等のオブザーバーが参加して第2回

委員会が開催された。資源管理措置として昨年採択された北ビンナガの漁獲努力量を
2004年レベルに抑える措置を来年も継続すること等が合意された。



〔北委員会:北緯20度以北の水域に主に分布する資源の保存管理措置について本委員
会へ勧告する小委員会。(本委員会は、当該勧告に基づいて保存管理措置を決定)〕

(注)メンバー国:日本、韓国、フィリピン、中国、カナダ、米国、台湾、
クック諸島(今委員会で加入承認)

                                        以上

OPRT通信 (平成18年 9月19日)

 

[戻る]