国連公海漁業協定(UNIA) 批准・9月6日発効

 

水産庁は、国連公海漁業協定(UNIA)の批准を日本政府が閣議決定した旨発表。
9月6日から発効。UNIAにより、マグロ等高度回遊魚資源等に関する国連海洋法条約の

規定の効果的実施が図られ、資源の長期的保存と持続的利用が確保される。UNIA批准
により、日本は責任ある漁業国、水産物輸入国として、IUU漁業対策、資源管理により

積極的に貢献することとなる。米国、カナダ、豪州、EU、ロシア等57ヶ国が批准している。
(2006年4月現在)


                                                       以上
OPRT通信 (平成18年 8月10日)

 

[戻る]