東部太平洋 メバチ漁獲規制強化合意 不成立

 

IATTC(全米熱帯まぐろ類委員会)の年次会合が、韓国・釜山市で6月28日から30日まで
開催された。日本、米国、エクアドル、韓国等加盟国15カ国の他、中国、台湾等が参加した。


まき網によるメバチの小型魚多獲によるメバチ資源の悪化を背景として、日本は漁獲規制の
強化を提案したが、スペイン、エクアドル等の巻き網漁業国の同意が得られず、現行の管理

措置(巻網の42日間の休漁及び延縄の漁獲量制限)を一年延長するに留まった。 なお、小型
メバチ保護のため、巻き網により混獲される小型まぐろ類投棄禁止が1年間延長された。


                                                       以上
OPRT通信 (平成18年 7月 7日)

 

[戻る]