ミナミマグロ漁業に厳しい規制導入

 

水産庁は、ミナミマグロ資源管理を強化するため、本年4月1日から、下記の措置を実施する
旨、官報(平成18年3月31日付)告示した。

1.ミナミマグロ漁獲枠(平成18年 4、523トン)を、漁業者毎、漁船毎に割り当てる。

2.漁業者は、ミナミマグロを採捕した時、その都度、その漁船の信号符字と採捕の順序を
   示す番号を表示しなければならない。

3.規定に違反したミナミマグロの採捕、販売、加工、譲渡を禁止する。

                                                       以上


OPRT通信 (平成18年 4月 25日)

 

[戻る]